スカシカシパンとは?

wikipediaより 引用

Add to Google

文字サイズ:


スカシカシパン 「この変な名前はいったいなんだよ」と疑問を持ちまして、調べて見ました。ずいぶん暇人だね} [bigsmile]

スカシカシパン(Sand dollar)は、棘皮動物ウニ綱タコノマクラ目カシパン亜目スカシカシパン科に属するウニの一種。

舌をかみそうだ・・・

いわゆるカシパン類で、体に穴が開いていることからこう呼ばれる。浅い海の砂底に半ば埋もれて生息する

  •  難しくてよくわからないけれど、とにかくウニの仲間で、だから当然海に住んでいる。

この類の特徴として、非常に扁平な殻と、ごく短くて棘とは認識できない程度の棘を持つ。加えて背面の花紋の延長上、縁までの間に細長い穴が1個ずつ開いている

同類のヨツアナカシパンの場合、穴は生殖口のことで背面上側に体内に向かう穴が開いているのだが、スカシカシパンの穴は体そのものを貫き、背面と腹面をつなげるものである。

スカシカシパンの種類の中には黄色の液を出す種類もある。

  •  ここまで読んでくるともう,まずそうですね。とても菓子パンのイメージじゃないですね
すかしかしぱん

こいつが「スカシカシパン

全体はほぼ円形で、直径約14cm、高さは1.5cm。下面はほぼ平坦、上面は中央がやや隆起する。直径の半分くらいに歩帯が桜の花の模様のような形を描く。

下面では中央の口から溝が穴の方向に刻まれ、穴の手前で二分してその両側に流れる。

日本では本州中部から九州に見られる。化石は日本各地の第三紀層から報告される。

食べられる部分である精巣・卵巣がほとんど発達していない。硬く大きな外骨格を割るのも容易ではない。

中身が食欲をそそらない黒緑色や、暗褐色をしている種が多く、種によってはヘドロのような異臭がするものがいるようである。

カシパン類、ブンブク類は畑の肥料として利用されることがある。

  •  ああ やっぱり食えないんだ

スカシカシパンマン - スカシカシパンに興味を持った中川翔子(しょこたん)が考案したキャラクター

  •  というよりも所属事務所がしょこたんを利用して儲けのタネにしただけだろうよ

  •  うえの画像がしょこたんデザインのスカシカシパン なんとオークションで1000円から5000円で売られてるです。
  •  「何でも売れる」の典型だね と管理人は思うのであります


画像の説明